お知らせ

錆の浸食によって引き起こされる事故

錆の浸食によって引き起こされる事故

こんにちは!西日本電協株式会社の山下でございます。

本日は、キュービクル外箱の重要性についてお話していきます。

こちらの写真は、とあるテナントビル様に設置されているキュービクルです。
錆の浸食が激しく進行していますよね。
外箱が腐食し、その影響から内部にまで浸食が及んでいます。

キュービクルの外箱は、塩害の恐れがある海岸部、寒冷地などでも設置できるように
様々な塗装使用があります。キュービクルを設置する環境に合わせて仕様を決める
必要があるということですね。

このまま放置してしますと、破損個所から虫や小動物が侵入したり、最悪の場合、
キュービクル自体が崩れてしまうことも考えられます。
そうしますと、短絡や地絡事故が発生する危険性も高まります。

事故を未然に防ぐために、耐候性のある塗料で全面塗装を行ったり、キュービクル
ごと入れ替えるといった処置が必要です。

当社では、メインパートナーである「西日本電気保安協会」を中心に、
その他「パートナー様」の全面協力のもと九州一円で受変電設備・発電設備の定期点検
(月次・年次)を実施し、電気を安全に安心して使えるようサポートしております。
保安点検料のお見積り、工事のご依頼は是非、西日本電協株式会社までご相談ください!!

〈お問い合わせ〉
TEL:092-283-3923
FAX:092-283-3925
MAIL:info@nishinihon-denkyo.com